PR
重賞・ニュース

【オークス】ライトバックが勝てば珍しい1月生まれの優勝馬に 牝馬クラシック二冠目の「記録」

【オークス】ライトバックが勝てば珍しい1月生まれの優勝馬に 牝馬クラシック二冠目の「記録」 重賞・ニュース

スパイア

最も誕生日のはやいオークス馬誕生なるか?大波乱の決着となったヴィクトリアマイルの余韻も残るなか、今週はオークスが開催される。ここでは、樫の女王を決める一戦の「記録」を振り返る。データは1986年以降のものだ。…記事全文を読む

三行ポイント

  • オークス馬の誕生日が勝利に影響
    • 1月生まれのオークス馬は3頭で、最も早い誕生日は1月27日のユーバーレーベン
    • 優勝馬の多くは3月生まれで、最も少ないのは6月生まれの2頭
  • 単勝オッズに関する興味深い事実
    • 過去10倍以上のオッズの馬が13頭存在し、2011年のエリンコートが37.2倍で最も高配当で勝利
    • コスモドリームの23.1倍、エリンコートの37.2倍は歴代高配当にランクイン
  • エリンコートの大波乱勝利
    • デュランダルの産駒であるエリンコートが後藤浩輝騎手と共に大波乱のオークスを制覇
    • 7、8番人気での勝利で、馬連は427.5倍の大波乱となった
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックがお使いのブラウザーで検出されました

ご訪問ありがとうございます。
当サイトは広告収益で成り立っています。これからも当サイトのコンテンツを維持しますために、広告ブロッカーの解除をお願い致します。